if文による処理の選択

 条件によって処理を変えるにはif文を使います.以下の例では0から1までの乱数を発生させて,0.5より大きいかどうか調べています.乱数なのでブラウザで「再読込み(リロード)」させると結果が変わります.

JavaScriptの例

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
	var s = Math.random();
	document.write(s, " は 0.5 より");
	if (s < 0.5) {
		document.write("小さいです");
	} else {
		document.write("大きいです");
	}
</SCRIPT>

上記JavaScriptの実行結果


目次に戻る